エコロジー印刷 | 印刷なら金沢市のハヤシ印刷紙工へ。より深く、より美しく、より感じるプリンティング・メディアをご提供します。

エコロジー印刷

エコロジー印刷
有害物質の使用量や排出量を大幅に削減できる水なし印刷、成分中の石油系溶液を削減できる大豆油インキ、限りある森林資源を保護できる再生紙など、可能な限りの地球にやさしい技術を採用し、環境問題に積極的に対応

未来のことを考えて、地球にやさしい技術を採用。

有害物質の使用量や排出量を大幅に削減できる水なし印刷、成分中の石油系溶液を削減できる大豆油インキ、限りある森林資源を保護できる再生紙など、可能な限りの地球にやさしい技術を採用し、環境問題に積極的に対応。かけがえのない地球の美しい環境を護り、次世代へ継承していくための努力をしています。

水なし印刷

水なし印刷

有害物質の使用量・排出量が激減。高精細の美しい印刷を実現。

刷版を現像する際の排水量やBOD(生物化学的酸素要求量)やCOD(化学的酸素要求量)を激減することができる水なし印刷。湿し水の代わりにシリコン樹脂を採用し、廃液の発生を抑止します。また、水を使わないのでインキにじみも低減。網点の再現力も高く、紙質を選ぶことなくデータに忠実な高精細印刷ができます。

ベジタブルインキ

ベジタブルインキ

輸送マイレージを圧縮。さらなるCO2削減を実現します。

植物油インキとは、再生産可能な大豆油、亜麻仁油、桐油、ヤシ油、パーム油等植物由来の油、およびそれらを主体とした廃食用油等をリサイクルした再生油で作られたインキのこと。大豆油インキが主流ですが、原料を輸入せねばならず、輸送マイレージが嵩張ることから、大豆以外の植物油が注目されています。

再生紙

再生紙

限りある森林資源を保護。紙ゴミの発生も低減します。

再生紙とは、原料に古新聞や古雑誌などの古紙パルプを配合してつくった紙のことです。従来の新聞紙や段ボールなどへの利用から、近年は書籍や雑誌、文具へと用途が広がっています。再生紙は、温室効果ガス排出量を抑制するとともに、限りある森林資源を保護。さらに、紙ゴミの発生も抑制するリサイクルの優等生です。

森林認証紙

森林を守る森林認証制度から生まれた地球にやさしい紙

森林の健全性や管理状況、関連する人たちの暮らしが守られているか…これらを世界的な基準で審査する制度のひとつが森林認証制度。森林認証紙とは、そのような管理された森林から産出されたことが証明されている木材を使用して作られた紙のことを言います。主にFSCとPEFCの2大認証が知られています。