3D印刷・レンチキュラー印刷 | 印刷なら金沢市のハヤシ印刷紙工へ。より深く、より美しく、より感じるプリンティング・メディアをご提供します。

3D印刷・レンチキュラー印刷

 

表面をかまぼこ状にして平行に配置した透明樹脂製フィルム(レンチキュラーレンズ)を通して見る事により、アングルによって別の絵柄を見せる印刷物の総称です。レンチキュラーレンズへの印刷手法をレンチキュラー印刷といいます。 人が物を見る時、左右の目で同時1つの物を見ます。両眼の間隔がはなれているために、左右それぞれ異なったアングルの画を見ていますが、私達の脳が一つの画として処理し、空間や立体感を認識しています。 レンチキュラー印刷のひとつである「3D印刷」は、これらの仕組みを応用して立体感を表現する印刷方式のことです。専用ソフトを使い平面データを空間に配置して疑似的に3D空間を作り、アングルごとに画像を合成・生成しレンチキュラーレンズに印刷します。 3D印刷のクオリティは、この3D空間データの作り込みに左右されます。データの作り方次第で同じような元データでも立体感が大きく変わってしまいます。

 

 

レンチキュラープリントとは

表面をかまぼこ状にして平行に配置した透明樹脂製フィルム(レンチキュラーレンズ)を通して見る事により、アングルによって別の絵柄を見せる印刷物の総称です。レンチキュラーレンズへの印刷手法をレンチキュラー印刷といいます。 人が物を見る時、左右の目で同時1つの物を見ます。両眼の間隔がはなれているために、左右それぞれ異なったアングルの画を見ていますが、私達の脳が一つの画として処理し、空間や立体感を認識しています。 レンチキュラー印刷のひとつである「3D印刷」は、これらの仕組みを応用して立体感を表現する印刷方式のことです。専用ソフトを使い平面データを空間に配置して疑似的に3D空間を作り、アングルごとに画像を合成・生成しレンチキュラーレンズに印刷します。 3D印刷のクオリティは、この3D空間データの作り込みに左右されます。データの作り方次第で同じような元データでも立体感が大きく変わってしまいます。
イメージ

 

レンチキュラー効果バリエーション

イメージ
チェンジング

レンチキュラーの代表的な演出である、見る角度によって違う画像が見える効果を指します。複数の画像を切り替えることで訴求メッセージが倍増します。1枚パネルで2~3枚の画像を動かすことで効果的に演出できます。パッ!と切り替わる動きのある表現にも最適です。

イメージ
3D

まるで商品が浮いているかのような奥行きのある演出が可能となります。3次元の立体感を表したい商品の訴求には最適な演出です。背景画像を効果的に使用することで商品が浮き出るような効果的な販促にも使うことができます。3Dにより他の演出で出来得ない幻想的な世界感を作ることもできます。

イメージ
モーフィング

異なった画像をゆっくりと違う画像に変化させていきます。モーフィングでまるで変身するかのような演出が可能となります。

イメージ
ズーム

画像をズームインしたりズームアウトしたりする効果を指します。除々に変化させる大小の変化の動きに最適な効果です。特定のポイントをクローズアップさせたい場合にも用いられることが多いです。

 

 

UVオフセット印刷機でのレンチキュラープリント

従来のチェンジングや3Dの制作方法は、印刷された用紙とレンチキュラーレンズを貼ることにより製品化されてきましたが、近年ではUVオフセット印刷機の進化によりレンチキュラーレンズに直接印刷することが主流になってきました。それらは、品質、納期、費用面などに良い影響を与えることになりました。当社のレンチキュラー印刷も、特殊レンズシートにUVインキを使用して裏面から直接印刷を行う事により、1つの工程で同じ特殊効果が得られますので、ローコスト&スピーディな対応が可能となります。当社のレンチキュラーは高精細400線で印刷を行うのでレンチキュラー特有のモアレや残像も軽減。また国内初極薄(0.18mm厚)超高精細の200LPIレンズ印刷も可能です。より良い商品をご提供する為に、入稿していただく前のデザイン段階からお手伝いをさせていただきます。

イメージ

 

 

レンチキュラー印刷・3D印刷の目的

イメージ

アイデア次第で他社との差別化が可能な強力なノベルティが製作できます!

POPやアイキャッチに
インパクトのある広告媒体として
商品パッケージに
ポスターやステッカー印刷に
各種キャラクターグッズとして
カードやマグネットシートに
バックライト搭載で電飾パネルに
オーディオ、電子機器のパネルダミーに